教育目標
「社会のために役立つ技術」 「誰かのためにする仕事」 「人を幸せにするシビルエンジニア」  これが土木・都市防災コースの目指す技術です。
総合土木ゼネラリスト
→ ページ先頭へ
こんなことが学びたい
最新の技術を駆使して,軟弱地盤の上に橋梁を構築し,交流の少なかった二つの街を繋ぎたい。 時速300kmの高速鉄道に耐えることができる,メンテナンスフリーの軌道を開発し,コスト縮減に貢献したい。
地震によって建物に被害が生じないよう,地盤を環境にやさしい無害な薬液によって強化(固化)する技術をもっと広めたい。 50年前に建設された水力発電のダム。あと50年,安心して使えるような補修技術を身につけて,他の構造物にも適用したい。
交通量の増加に伴って激しくなる渋滞,高速道路の高架橋を車線を減らさず,使用したままで拡幅したい。 大深度地下を有効利用して,建物が密集した都心部の地上に,もっと緑の空間を増やしたい。
さまざまなものが,投棄された廃棄物処分場を,新しい地盤として有効利用する方法を見つけたい。 新しい時代にマッチした,防災拠点としての港湾や空港を,まちづくりという観点から設計・建設してみたい。
無秩序に開発された都心部に,幹線道路を通して,計画的な車の流れを作り,大気汚染を軽減させたい。 台風のたびに高潮に見舞われる海岸部の都市を,コンクリートの塊で出来た防潮堤で遮るのではなく,波の特性を調べて,景観を保持したまま守りたい。
土木系公務員
総合土木
総合土木
→ ページ先頭へ
土地利用から交通システムまで,総合的に捉えた「街づくり」を学びたい。  最先端の橋梁技術や鉄道技術を学び,自分が造った構造物を地図に残したい。  頻発する地震や台風による被害。被害を軽減する技術を社会に役立てたい。  今ある社会基盤を長寿命化させ,環境に優しい,安心して暮らせる都市を実現したい。
派手ではないけど,この分野なしに,今の社会,私たちの生活は存在しません。 そしてこれからも永遠に必要とされる技術です。
・公務員試験合格に向けた特別プログラムを用意しています。  ・国家公務員(土木職)、地方公務員(土木職)が目標ですが、  試験に合格するためだけが目的ではありません。  ・公務員として働くうえで必要な知識、技術、技術者としての倫理観も養います。
総合土木
関東学院5カ年教育支援事業
土木系公務員特別プログラム
土木施工管理のプロのシビルエンジニアをめざします。建設におけるオールラウンドプレイヤーです。
土木遺産のページ(土木学会)へのリンク
総合土木
安心・安全な「街づくり」の基盤となる道路や橋、上下水道、交通システムなどのインフラストラクチャー(社会基盤施設)、 すなわち都市の基盤構築に必要となる、技術力、発想力、コミュニケーション能力を磨き、災害や景観などに配慮した 街づくりの明日を担うシビルエンジニア、都市環境デザイナー、都市プランナーを育成する。 建設施工管理のプロフェッショナルを目指す「総合土木」、構造物の耐震設計の エキスパートを目指す「土木構造設計エンジニア」、環境修復、環境保全の技術 を身につけ、都市計画に活かす「環境衛生エンジニア」、地震防災の視点から都市 づくりに携わるエンジニアを目指す「地震防災エンジニア」の4つの目標進路を中心に、 専門性を高め、卒業時には社会の即戦力となり得る人材を育てることを目指している。
一人では叶えられない大きな夢も,多くの人間で共同作業で進めて行く。 この分野の大きな魅力です。
総合土木
安心・安全な「街づくり」の基盤となる道路や橋、上下水道、交通システムなどのインフラストラクチャー(社会基盤施設)、 すなわち都市の基盤構築に必要となる、技術力、発想力、コミュニケーション能力を磨き、災害や景観などに配慮した 街づくりの明日を担うシビルエンジニア、都市環境デザイナー、都市プランナーを育成する。 建設施工管理のプロフェッショナルを目指す「総合土木」、構造物の耐震設計の エキスパートを目指す「土木構造設計エンジニア」、環境修復、環境保全の技術 を身につけ、都市計画に活かす「環境衛生エンジニア」、地震防災の視点から都市 づくりに携わるエンジニアを目指す「地震防災エンジニア」の4つの目標進路を中心に、 専門性を高め、卒業時には社会の即戦力となり得る人材を育てることを目指している。
国家公務員(国土交通省ほか)や地方公務員(県庁や市役所など)として勤務する技術系公務員、 そのうちの多くを占めるの技術系(土木職)公務員として活躍し,地域や国土の基盤づくりを企画・ 立案できる人材をめざします。
道路や橋,堤防,公園,上下水道,交通システムといった都市機能は, 安心・安全な「まちづくり」の基盤となる大切なものです。  「土木・都市防災コース」では,こうした社会基盤の構築に必要となる, 確かな技術力,やわらかな発想,コミュニケーション能力を磨き, 災害に強く,環境や景観に配慮したまちづくりの明日を担う 都市環境デザイナー,シビルエンジニアを育てます。
こんなことが学びたい
4つの目標進路を中心に、専門性を高め、 卒業時には社会の即戦力となり得る人材を育てることを目標にしています。
総合土木
シビルエンジニアリング(土木工学)は,  人類が誕生して以来,すべての「ものつくり」の基本です。
総合土木