教員紹介に戻る





若松 加寿江 (ワカマツ カズエ)
(教授 ・ 博士(工学))

● 出身大学
早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了

● 専門分野
地盤・地形工学,地震工学,都市防災工学    (キーワード : 都市防災,地震,液状化)

● 研究テーマ
@全国の地形・地盤分類データベースの構築と地震ハザード評価に関する研究
A地震時の液状化発生の履歴と微地形に基づく液状化危険度予測に関する研究
B地盤・地形条件に着目した都市防災・地域防災に関する研究
C土地状況の変遷と土地の安全性に関する研究

● 所属学会
土木学会,地盤工学会,国際地盤工学会,日本地震工学会,日本建築学会,日本自然災害学会

● 外部活動
東京都地質調査業協会理事(平成14年度〜)
日本地震工学会理事(平成18, 19年度)
地震被害・復興の記録のアーカイブス構築のための研究委員会 委員(平成20年度〜)
地盤工学会Earthquake Geotechnical Engineering and Associated Problems国内委員会 委員(平成6年〜)
地盤工学会 Geotechnology for Natural Hazards国内委員会 委員(平成7年度〜)
地盤工学会 災害記録普及研究委員会 委員(平成19年度〜)
国土交通省国土審議会 専門委員(平成20年度〜)
国土交通省 土地の安全性調査のための検討委員会 委員(平成20年度〜)
国土交通省 土地の安全性調査のための調査図検討部会 部会長(平成20年度〜)
土木学会 地震工学委員会 委員(平成19年度〜)
土木学会 地震工学委員会 地震災害調査小委員会 幹事(平成10年度〜)
土木学会 地震工学委員会 防災企画推進小委員会 委員(平成20年度〜)

● 学内役職
 大学院土木工学専攻主任(22.4〜)

● 主な担当科目
フレッシャーズセミナ,フレッシャーズプロジェクト,自然地理学、災害地形学,地理情報システム,都市防災計画学,シビルデザイン実験B

【大学院】 
自然地理学特論、災害地形学特論(博士前期課程),災害地形学特殊講義(博士後期課程)

E-mail HP