交通アクセス お問い合わせ

教員

内山 光夫 教授
Mitsuo UCHIYAMA

内山光夫 教授の似顔絵
専門分野
機械工作/生産技術
研究室名
機械工作研究室
研究テーマ
金型用曲がり穴加工技術の研究、高硬度材の切削加工の研究 他
担当科目
機械製作法、工作実習、機械実習、プロジェクトⅠ 他
メール(*=@kanto-gakuin.ac.jp)
uchiyama*
関連リンク
理工学部教員紹介大学院教員紹介

研究室の概要

 Q(品質)、C(コスト)、D(納期)は、モノづくりの世界だけでなく、一般の仕事でも重要な三要素です。機械加工の研究では、この三要素を成立させることのできる加工技術を開発し、製造業の発展に寄与することが目的です。

高硬度材切削加工 曲がり穴加工1 曲がり穴加工2

研究の一例:宇宙空間における加工技術の研究

 日本政府は、国際協力による月探査計画への参加を決めました。そこで、宇宙空間での加工技術研究を進め、地上の製造技術向上も目指しています。中でも電解加工は材料硬度に無関係、工具電極が無消耗、加工変質層が無発生などの利点があり、曲がり穴加工もできるため、宇宙空間における電解加工技術の研究を進めています。

研究室の詳細はこちら(PDF)

金田 徹 教授
Tohru KANADA

金田徹 教授の似顔絵
専門分野
精密計測/設計工学/教育工学
研究室名
計測制御研究室
研究テーマ
球面形状誤差の超精密測定システムによる測定と評価、競技系ロボットシステムの設計開発 他
担当科目
3D-CAD演習、3D-CAE演習、計測工学、メカトロニクス、メカトロニクス演習、機械実験Ⅱ、プロジェクトⅠ・Ⅱ 他
メール(*=@kanto-gakuin.ac.jp)
kanada*
関連リンク
研究室理工学部教員紹介大学院教員紹介

研究室の概要

 超精密形状測定・メカトロニクスシステム設計開発(精密形状測定システム・医療機器など)・ロボット制御・規格(JIS/ISO)開発と普及。

超精密球面形状測定機測定結果 GPS適用図面 頚椎姿勢連続モニタリングシミュレータ

研究の一例:ヒーリング効果向上のための犬型ロボットの動作制御とその評価

 高度化された見た目も可愛いロボットが、人間に対する癒し効果、ストレス解消、健康増進を与えることが臨床医学的にも検証されています。ここでは、犬型ロボットのAI化を進展させ、ヒーリング効果の高い動作制御の実現を取り組みます。

研究室の詳細はこちら(PDF)

小松 督 教授
Tadashi KOMATSU

小松督 教授の似顔絵
専門分野
ロボット工学
研究室名
機械情報工学研究室
研究テーマ
宇宙ステーション用ロボットの力学と制御に関する研究、ヒューマノイドロボットの研究 他
担当科目
現代制御理論、制御工学、ロボットシステム工学、航空宇宙工学、機械力学、機械実験Ⅰ、プロジェクトⅠ 他
メール(*=@kanto-gakuin.ac.jp)
komatsu*
関連リンク
研究室理工学部教員紹介大学院教員紹介

研究室の概要

 さまざまな情報を活用した高機能機械システムの研究をおこなっています。

CPGを用いた走歩行実験 KRBR 協調コミュニケーション作業システム

研究の一例:サービス作業での人/ロボットのワンチームアプローチの研究

 サービス作業での労働力不足の解決には、人とロボットの協働作業が必要です。例えば介護作業では、人とロボットが一つのチームを作り、体を支える役、言葉がけをする役、といった各役割分担に基づいた連携をとる必要があります。ここではチームを作るための役割分担法や連携方法、評価方法などの新しい技術を構築します。

研究室の詳細はこちら(PDF)

武田 克彦 准教授
Katsuhiko TAKEDA

武田克彦 准教授の似顔絵
専門分野
内燃機関/機構学
研究室名
内燃機関研究室
研究テーマ
天然ガスエンジンの希薄燃焼、密閉サイクルディーゼル機関の研究 他
担当科目
内燃機関、機構学、機械実験Ⅰ・Ⅱ、プロジェクトⅠ 他
メール(*=@kanto-gakuin.ac.jp)
takeda*
関連リンク
理工学部教員紹介大学院教員紹介

研究室の概要

 代替燃料、燃焼改善,車両の修復および歴史を学ぶテーマなどを実施しています。ほとんどのテーマで企業との共同研究を実施しています。

空気付加軽油による燃焼改善 廃プラスチックを油に分解する油化装置 車両の修復および歴史を学ぶ

研究の一例:プラスチックごみの有効利用法の開発

 プラスチックごみを再成型するマテリアルリサイクルと、電力を得るサーマルリサイクルの両者に取り組んでいます。サーマルリサイクルでは、プラスチックごみを熱分解して油に変えてディーゼル発電機に適用させる手法を採用し、分解油自体が熱分解の自己燃料となり、外部からエネルギーを必要としない特徴があります。

研究室の詳細はこちら(PDF)

辻森 淳 教授
Atsushi TSUJIMORI

辻森淳 教授の似顔絵
専門分野
空調・冷凍工学/伝熱工学
研究室名
熱工学研究室
研究テーマ
完全熱駆動型吸収サイクルに関する研究、電子機器の高信頼性冷却に関する研究 他
担当科目
水力学、福祉工学、熱力学、機械数理、機械実験Ⅱ、プロジェクトⅠ・Ⅱ 他
メール(*=@kanto-gakuin.ac.jp)
tujimori*
関連リンク
研究室理工学部教員紹介大学院教員紹介

研究室の概要

 電子機器の冷却デバイス、未利用熱利用空調システムの研究をおこなっています。

ループヒートパイプ 吸収冷凍サイクル1 吸収冷凍サイクル2

研究の一例:ループヒートパイプの研究

 ループヒートパイプ(LHP)は人工衛星など宇宙用の高信頼性冷却デバイスとして研究・開発されてきました。当研究室では、LHPを地上用に応用展開する際に問題となる起動・停止特性を把握すると同時に、不安定動作を改善する研究をおこなっています。

研究室の詳細はこちら(PDF)

堀田 智哉 専任講師
Tomoya HOTTA

堀田智哉 専任講師の似顔絵
専門分野
材料力学/転がり軸受工学
研究室名
機素材料力学研究室
研究テーマ
転がり軸受の性能向上、および高信頼性設計に関する研究 他
担当科目
材料評価工学Ⅱ、3D-CAD演習、材料力学、機械実験Ⅰ・Ⅱ、プロジェクトⅠ・Ⅱ 他
メール(*=@kanto-gakuin.ac.jp)
thotta*
関連リンク
研究室理工学部教員紹介

研究室の概要

 様々な機械要素の中でも、とくに、転がり機械要素(ベアリングなど)に焦点を当て研究を進めています。ベアリングは、機械内部に組み込まれているため、普段目にする機会は非常に少ないが、家の中には、エアコン、掃除機、洗濯機など、約150個、また、自動車には150~200個組み込まれ、機械の省エネルギー化、高精度化に貢献しています。現代の機械にとって欠かすことのできない重要な機械要素です。本研究室では、この転がり機械要素の内部や外部からの応力よる影響や疲労寿命について研究をおこなっています。

予圧変化測定装置の熱分布測定 転がり軸受疲労寿命試験機 円すいころ軸受内部の潤滑油可視化実験

研究の一例:転がり軸受の耐焼付き性能向上に関する研究

 機械のダウンサイジング化および省エネルギー化をおこなうためには、転がり軸受の小型化やそこに使用される潤滑油の低粘度化が必要です。しかし、これらは焼付き性能の低下を招くことになります。 そこで、軸受構造の変更や、潤滑油へ新しい添加剤を配合することによって、耐焼付き性能の向上を目指します。

研究室の詳細はこちら(PDF)

宮永 宜典 教授
Norifumi MIYANAGA

宮永宜典 准教授の似顔絵
専門分野
トライボロジー/流体工学・レオロジー/振動工学
研究室名
トライボロジー研究室
研究テーマ
テクスチャ表面の潤滑油流れ/すべり軸受の静・動特性/転がり軸受/人工心臓用軸シール 他
担当科目
機械要素、トライボロジー、機械実験Ⅰ・Ⅱ、プロジェクトⅠ 他
メール(*=@kanto-gakuin.ac.jp)
miyanaga*
関連リンク
理工学部教員紹介大学院教員紹介

研究室の概要

 流体の流れを能動的にコントロールできる機械の表面設計を通して、エネルギーロスや振動が小さい、快適で安全な機械を実現します。
摩擦や流れの抵抗を引き起こす表面の設計

摩擦面のシミュレーション マイクロディンプル表面の潤滑特性 ディンプルを有する平行平板軸受

研究の一例:PIV法による潤滑油流れの可視化と低摩擦しゅう動面の設計

 本研究では、PIV法と呼ばれる流体の流れを可視化・解析する手法を用いて、普段見ることの難しい摩擦面での潤滑流体の流れを明らかにしています。航空機や自動車などの身のまわりの機械の摩擦低減に、これらの成果を応用することが期待されています。

研究室の詳細はこちら(PDF)

柳生 裕聖 教授
Hiromasa YAGYU

柳生裕聖 准教授の似顔絵
専門分野
材料加工学/シミュレーション工学/マイクロシステム工学
研究室名
材料加工プロセス研究室
研究テーマ
材料加工学、シミュレーション工学、MEMS 他
担当科目
生産管理、材料評価工学Ⅰ、機械材料、機械実験Ⅱ、プロジェクトⅠ・Ⅱ 他
メール(*=@kanto-gakuin.ac.jp)
yagyu*
関連リンク
研究室Twitter理工学部教員紹介大学院教員紹介

研究室の概要

 高機能でコンパクトな化学分析装置や医療用デバイスを実現可能な技術であるMEMS(メムス:微小電気機械システム)に応用できる材料や加工技術とMEMS技術を用いた材料創造技術を研究しています。
 特にMEMS加工技術を用いてガラス基板に数百μmの流路を形成したマイクロ流体デバイスを用いたナノ材料の合成技術の研究をおこなっています。また、レーザー加工、砥粒加工などの材料・加工プロセスのシミュレーションを実施しています。
 さらにMEMSにおけるレジスト材料などの高分子材料のメソ領域の材料特性に注目し、その特性のマイクロシステムへの応用を目指しています。

ナノ粒子 マイクロ流体デバイス 粗視化シミュレーション

研究の一例:マイクロ流体デバイスを用いた金属ナノ粒子合成プロセスの研究

 微細流路を有するマイクロ流体デバイスは化学合成、化学分析を高効率に実施できることが知られています。本研究では半導体微細加工技術により、ガラス基板上に微細な流路を形成したガラス製マイクロ流体デバイスを設計・作製し、そのデバイスを用いて金属ナノ粒子を高効率に合成するプロセスを研究しています。

研究室の詳細はこちら(PDF)

助手

大貫 雅和
Masakazu OHNUKI

担当科目
機械設計製図、3D-CAD演習、2D-CAD演習、機械製図、プロジェクトⅠ・Ⅱ 他

大野 篤
Atsushi OHNO

担当科目
機械実験Ⅰ・Ⅱ、工作実習、機械実習、プロジェクトⅠ・Ⅱ 他

鹿島 澄子
Sumiko KASHIMA

担当科目
機械実験Ⅱ、機械設計製図、3D-CAD演習、2D-CAD演習、機械製図、図学、プロジェクトⅠ・Ⅱ 他

平石 好弘
Yoshihiro HIRAISHI

担当科目
機械実験Ⅰ、工作実習、機械実習、プロジェクトⅠ・Ⅱ 他

トップへ戻る