ゴム材料のシミュレーション

 高分子鎖を単純なビーズスプリングモデルとして扱いOCTA/COGNAC,LAMMPSを用いて伸張特性や粘弾性特性を計算します。モデルサイズに応じてスーパーコンピュータで並列計算を行います。

theme2-1.jpg theme2-2.jpg theme2-3.jpg

  1. H. Yagyu, T. Utsumi: Computational Materials Science, Vol.46 Issue 2, p.286-292 (2009).
  2. 柳生裕聖: 日本機械学会論文集(計算力学), Vol.80 No.810, p.CM0032 (2014).
  3. H. Yagyu: Soft Materials, Vol.13 Issue 4, p.263-270 (2015).
  4. H. Yagyu: Soft Materials, Vol. 15 Issue 4, p.263-271 (2017).

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-02-01 (水) 00:32:43 (387d)