紫外可視近赤外分光光度計

  • 本装置(島津製作所製、UV-3600i Plus)は、紫外光、可視光、近赤外光領域の試料の透過、吸収、反射が測定できます。
  • 物質に光を照射すると、その物質の分子構造により特定の波長の光を吸収します。
  • 単色光を試料に照射し透過した光の量を測定して,試料の物質固有の波長における吸光度を求めることができます。
  • 紫外可視近赤外光領域の吸光度や透過率を測定可能
  • 紫外光〜近赤外光(波長185nm〜3300nm)のスペクトル測定が可能
  • 測定方式 ダブルビーム、シングルモノクロメータ方式,測定レンジ 吸光度-6.0〜+6.0ABS

    uv-vis-nir-b.jpg

保有設備へ戻る


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-05-07 (土) 15:55:03 (265d)